投稿

ファクタリングとは 図解 経営改善ラボ

【PR】








































































ファクタリングとは

ファクタリングは、企業が未収入金(売掛金)を現金化するための金融手法の一つです。このビジネスプラクティスは、企業がクライアントからの支払いを待たずに、即座に資金を受け取ることを可能にします。以下に、ファクタリングについて詳しく説明します。

基本原則

ファクタリングの基本的な原則は、企業が未収入金(売掛金)をファクターと呼ばれる金融機関に売却することです。ファクターは、売掛金の一定割合を即座に企業に支払い、その後売掛金の回収を担当します。企業は売掛金を現金化でき、資金調達や資金繰りに役立てることができます。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングの仕組みは以下の通りです。

  • 1. 売掛金の発生: 企業が商品やサービスを提供し、クライアントから未収入金(売掛金)が発生します。
  • 2. ファクターへの売却: 企業はこれらの売掛金をファクターに売却します。ファクターは売掛金の信用調査を行い、一定の割合で即座に現金を提供します。
  • 3. 回収と手数料: ファクターは売掛金の回収を行い、回収された金額から手数料を差し引いた後、残りの金額を企業に支払います。

ファクタリングの利点

ファクタリングは企業にさまざまな利点をもたらします。

  • 即座の現金化: 未収入金を即座に現金化でき、資金調達や急な支出に対応できます。
  • 信用リスクの軽減: ファクターが売掛金の信用調査を行うため、不良債権のリスクが軽減されます。
  • 財務効率の向上: 未収入金の回収業務を外部に委託することで、企業の財務効率が向上します。
  • 売掛金管理の簡素化: ファクターが売掛金の管理を担当するため、企業はその負担を軽減できます。

ファクタリングの種類

ファクタリングにはいくつかの異なる種類があります。

リゾートファクタリング

リゾートファクタリングは、ファクターが未収入金の回収業務を担当し、企業が売掛金のリスクを軽減できる形態です。

ノンリゾートファクタリング

ノンリゾートファクタリングでは、ファクターが未収入金の回収業務を担当しません。企業は売掛金の回収を自身で行う責任がありますが、ファクターから資金を受け取ることができます。

リバースファクタリング

リバースファクタリングは、クライアント企業が自身の未収入金をファクターに売却する形態です。クライアントが売掛金をすぐに現金化し、ファクターが回収業務を行います。

ファクタリングの適用業種

ファクタリングはさまざまな業種で利用されています。特に次の業種で一般的に見られます。

  • 製造業: 原材料の調達や生産にかかるコストを賄うためにファクタリングを利用することがあります。
  • 小売業: 大量の売掛金を抱える小売業者が、資金繰りをサポートするためにファクタリングを選択することがあります。
  • 輸送業: 輸送業者は燃料や車両の維持にかかる費用を賄うためにファクタリングを利用することがあります。

まとめ

ファクタリングは企業にとって財務効率を向上させ、資金調達の手段を提供する重要なビジネスプラクティスです。さまざまな業種で利用され、未収入金を現金化する方法として、企業の成長と持続可能性に寄与しています。企業はファクタリングの利点と種類を検討し、自身のニーズに合った適切なファクタリングの形態を選択できます。